オプション品の色々

今では、オプションの品も手に入らなくなってしまい、偶にオークションで見かけても

取説が付いていなかったりします。

 

あまり使わないものですが、レアなものには目が無い方の参考になるかな。

Tキャリジ

ゴム機の目を本機に移すものです。

これを使い模様も少しできますが、

使用する糸はかなり丈夫でないと切れてしまいます。

基本、右から左に移動するだけで、特段何ということもない。

必要性はあまり感じないかも。

 

オートキャリジアンドレ

オートキャリジアンドレ。

「勝手に編んどれ」というネーミングらしです(^.^)/~~~

 

アンドレには、KG88,89,91,92,93,95なんかあるようです。

nyanngoroが持っているのは、KH970に使えるタイプKG95。

 

88と89はパリエ用。

91,92,93は確かトピカル3,5でもパリエでも使えます。

95は全部使えるようにパーツが付属しています。

 

機械編みだと、ガーターが大変手間がかかりますが、これだと

勝手に編んでくれます。ゴム編みも編めます。

とっても便利そうなのですが、あまり使いません。

なぜなら、時間がかかりすぎる。音がうるさい。

自分で編んでいる感じが全くしない。

工場の監督をしている気分です。

 

ニットキャンパス

ニットキャンパスには、KH970の内蔵模様は入っていませんが、

それ以外の機種の内蔵模様が入っています。

 

残念ながら、編機とは直接接続できません。

専用のカセットか、FB100のフロッピーに移して、それを編機に入れ、

編めるようにできます。

 

テレビの画面で操作できる、当時としては画期的なものだったのでしょうが

今では、ちょっと時代遅れの感が否めません。

(初期のニン●ンドーファミコンと同じ)

 

テレビも、デジタルだと接続できないので、

アナログテレビの古いやつを手に入れないとだめですね。